ふるさと納税 さとふる
利用意向NO1!ふるさと納税

控除限度額 シミュレーション

ふるさと納税を最大限有効に活用したい。
実質負担額を2000円で収めたい。


私だけでなく誰もが考えることです。


そのためには寄付金の控除限度額を把握しなければなりません。
ではどうやって計算をするか?


それなりの計算が必要で、マトリックス表など正確に示すことはできません。
というのも、年収や家族構成、また住んでいる地域によって異なるからです。


住民税所得割の額が分かれば正確な控除額を求めることができます。
けれども忙しくてそんな暇はないという方がほとんどでしょう。
私は面倒なので、厳密な計算は行いません。


けれども損をしないために目安は知っておきたいところ。
私のような楽をしたい人向けに「さとふる」の公式ページでシミュレーションをしてくれます。


厳密にわからなくても大体の控除限度額はシミュレーションによって調べることができます。

「給与収入」、「家族構成」、「住んでいる自治体」を入力すれば知ることができます。

ふるさと納税の限度額をシミュレーションする。

​→ こちら

 

控除限度額 個人事業主

せっかくなので、こちらの簡易シミュレーションを使って個人事業主の場合の限度額を算出して見ましょう。期中の場合がほとんどなので、昨年度の数値で良いでしょう。

あくまでも目安となります。

 

(1)総収入金額

   個人事業主の方の場合は、計算には用いられません。入力してもしなくても大丈夫です。

 

(2)給与所得控除後の金額

   個人事業主の場合、総所得、青色申告の方は青色申告控除の65万円を引いた金額を入力します。

 

(3)所得控除額の合計額

   配偶者控除、社会保険控除、医療費控除、住宅ローン控除などの控除額合計を入力します。

​→ こちら

 

ふるさと納税 さとふる
利用意向NO1!ふるさと納税 ​​

 

 

▼プロフィール▼

当サイト管理人のナインです。
ふるさと納税、株主優待、懸賞など「お得」を見つけることが趣味です^^
子供にはいくら、うなぎ、牛肉の返礼品が喜ばれています。

ふるさと納税 さとふる

© 2019 ふるさと納税 rss